ピックアップ
ピックアップ

オススメ助成金

業界や起業規模を問わず、1名でも従業員がいれば申請できる可能性がある助成金をご紹介いたします。

詳しくはこちら

サービス一覧

顧問契約の内容やメリット、その他サービスの概要や料金をご紹介いたします。

詳しくはこちら

代表挨拶
代表挨拶

代表者の顔写真

はじめまして、札幌の小林社労士オフィスです。


働き方改革がスタートして間もなく、新型コロナウイルス感染症の影響により、日常が急速に変化しています。

今後、働き方はどのように変わっていくのでしょうか。

コロナ対策であるテレワーク、時差出勤、対面業務の削減などは、会社によって判断が分かれるところだと思います。業態や企業規模によっても正解が異なるかもしれません。 

一方で、義務化された長時間労働の是正、有給休暇の取得、同一労働同一賃金、ハラスメント対策などは否応なく進めていかなくてはいけません。

しかし、日々の業務に追われなかなか人事労務の強化にまで手が回らないというのが中小企業の現実だと思います。労務改善に掛けられるコストも限界があるでしょう。

当オフィスでは、少しでも労務改善にかかるコストを軽くしていただくため、個々の会社に合った助成金の活用を積極的にオススメしています。

また、それぞれの会社の考え方や風土を理解し、法律用語ではなく分かりやすい言葉を意識しながら、最適な人事労務設計をご提案できればと思います。

変化を恐れずチャンスに変えていくことで、新たな時代を共に乗り切っていきましょう。



特定社会保険労務士
国家資格キャリアコンサルタント

代表 小林 卓

人事労務ニュース
人事労務ニュース

民間企業の障害者実雇用率 過去最高の2.25%の実績2023/01/31
2023年4月から中小企業も対象となる月60時間超の割増賃金率引上げへの対応2023/01/24
年次有給休暇の取得義務にまつわるよくある質問2023/01/17
36%の企業が同一労働同一賃金問題に未対応2023/01/10
常時雇用労働者の定義・カウント方法2023/01/03

>> バックナンバーへ

旬の特集
旬の特集

   

 2023年4月より労働者数が1,001人以上の企業は、男性労働者の育児休業取得率等を公表する必要があります。このように、企業規模により情報の公表が義務付けられているものがあることから、以下ではその内容をとり上げます。 >> 本文へ